プロフィール

ホームページ > プロフィール

昭和49年

7月27日 札幌市生まれ
●約3900グラムで誕生。巨大児だった。血液型はA型。

kodomojidai

昭和56年 大阪市立新森小路小学校 入学

●小さい時から体が弱く、よく風邪を引いていた。
小学校の時は、月に2-3回は、風邪で欠席。
よく通っていた小児科医からは、「今年もよろしくお願いします」と、年賀状が届くほどだった。

 

昭和62年 東京都保谷市立青嵐中学校入学

●中学生からは、何故か急に元気になり、体がとても丈夫になった。
●父親がサラリーマンで、転勤族だったため、中学時代までは全国を転々とする
●ちなみに言葉を覚えたのは大阪。父親の転勤の影響で、全国を回ったが、大阪には約10年住んでいた。そのため、今でも酔っ払うと、大阪弁が出てしまう。

平成2年 法政第一高校 入学

●高校生の時より、新座市に在住
●旅行が大好きで、中学校の頃から、友人とよく、貧乏旅行に出かけていた。高校からは、本格的にアルバイトなどをし、貯めたお金で、全国を貧乏旅行しまくっていた。ちなみに、島根県と沖縄県以外は全国を旅行した。有名な観光地はほとんど行っていると思う。

平成5年 法政大学法学部 入学

●大学時代は、結構まじめに勉強もしたが、大半は、海外貧乏旅行か、選挙のアルバイトだった。
海外貧乏旅行は、数回行った。アメリカ、ロシア、台湾、ケニア、ウガンダ、南アフリカ等など、様々なところに、リュックサック一つ、予約なしで、アポなしで出かけていっていた。特にアフリカは好きだった
●大学3年の時、南アフリカの首都、ヨハネスバーグにおいて、黒人の現地の集団に襲われる。数人に取り囲まれ、パスポートもお金も全て取られる。やっとのことで、日本大使館にたどり着いたが、お金もパスポートも全て取られ、ジーパンにTシャツ、所持品はハンカチ一枚のみだったので、びっくりされる。
命は助かったが、とても恐かった。

平成9年 法政大学法学部 卒業

●大学の当時から、お酒は大好き。特にビールが一番好き。
因みにその中でも、「一番搾り」、「淡麗生」が好き。
もちろん、ビール以外でもお酒は何でも大好き。飲み放題など行けば、10杯くらいはいつでも飲めてしまう。
●クラスメートとは本当に仲好しで、スキー旅行や温泉旅行などをはじめ、学校帰 りにはよく大学近くの神楽坂で飲んでいた。

同年 野村證券株式会社 入社

●会社時代は野村證券の青森支店にて勤務。支店の人は皆良い人だったが、当然「ノルマ」も有り、かなりきつかった。
ただ、何とかノルマもこなし、同期の中では優秀な方だったと思う。
(自分で言うなと言われるかな)。

平成11年 野村證券株式会社 退社

●政治の世界に本格的に参画するため退社。

平成12年 新座市議会議員選挙初当選

●3885票という新座市政始まって以来の大量得票にて、トップ当選市議会では、保守系無所属第二会派「明政会」を結成。

同年
●新座市議会・建設常任委員、土地開発公社理事、勤労青少年ホーム運営委員会に所属。
また、10月からは決算審査特別委員をつとめる。

平成14年
●総務常任委員会に新たに就任。また、土地開発公社理事、勤労青 少年ホーム運営委員会は引き続き留任。

平成15年 埼玉県議会議員初当選

●16,598票をいただき、無所属(民主推薦)で二位当選。
県内最大の激戦区で自民、共産候補を破り当選。
接戦のため、テレビで当確が出たのは深夜に及ぶ。
28歳、史上最年少県議となる。総務常任委員、決算特別委員会所属。
●埼玉県議会では無所属、民主党の一部議員と共に「地方主権の会」新会派を9名で結成。
自民党、公明党に次ぎ第三会派。
●同年行われた埼玉県知事選挙では当初より上田清司・現知事を支援した唯一の会派でもある。

平成19年 埼玉県議会議員 再選

●23,062票の大量得票をいただき、無所属(民主推薦)でトップ当選。
県議会では無所属、民主党議員とともに「民主党・無所属の会」を新たに結成。
23名という県政史上最大の第二会派。自民党に次ぐ第二会派として活動。
会派では政策調査会長に就任。
また、議会運営委員会、総務・危機管理常任委員会、教育改革特別委員会に所属。
議会内でも政策派の議員として精力的に活動。
●平成21年現在、会派の政策審議会長。
また、議会以外にも社会福祉審議会委員を務める。

平成23年 埼玉県議会議員 三期目 無投票にて当選

●東日本大震災直後の埼玉県議会議員選挙であったこともあり、無投票にて再選。
無所属・民主党の議員とともに埼玉県議会第二会派の代表をつとめる。
財政問題、教育問題、地域の課題等幅広く議論を行い、新聞各社にも常に取り上
げられている。

平成27年4月  埼玉県議会議員 四期目当選
四期目に当選後、会派では代表代行をつとめる。

平成27年12月 民進党・埼玉県第四区総支部長に就任
次期衆議院の、民進党埼玉県第四区の総支部長に就任。日本の政治に二大政党制を根付かせるため、自民党以外のしっかりとした政治グループを作るために、自身が新たなるチャレンジのために総支部長に就任。朝霞市、和光市、志木市、新座市の四市にて活動を展開中。