【選挙戦 最終日】吉田よしのりから最後のメッセージ

吉田よしのりです。

選挙戦も最終日となりました。
長いようで短かったこの12日間でしたが、4市の皆様には大きなマイクでお騒がせ致しました。
本日で選挙活動は終了となります。ネットの更新もこの投稿を持って、開票が確定するまでできません。
ですので、最後に、わたし吉田よしのりの最後のお伝えをさせて頂きます。

わたしは、この第48回衆議院議員総選挙に手を挙げさせて頂いたのは、2016年の1月でございます。
そのときのブログです。
http://yoshiday.com/blog/413
まだこのときは民主党でしたから、このあと民進党になり、その民進党が希望の党と立憲民主党に別れ、今選挙を迎えるとは夢にも思っていませんでした。

私が立候補の表明を行ったときの埼玉4区の自民党はもちろん豊田衆議院議員です。
ブログにも書いてありますが、立候補の表明したとき、「吉田君、今はタイミングが悪いよ」「もう少し待った方が良いよ」と心配の声を頂きました。
それでも、私は自民党一強は良くない、このままいけば、自民党は緊張感のない、権力を使った政治をすると申し上げてきました。

実際、自民党は国民の声に答えない、情報公開もしない、政権に寄り添う企業や個人に優遇する腐敗した政治をしてきました。

わたしは、自民党のすべてを否定する気はありません。自民党のなかにも優秀な政治家はいっぱいいます。
しかし、ずっと自民党、安倍政権一強の政権は必ず腐敗します。
政治家を志して以来、しっかりとした政治グループを作り、自民党に対抗できる、ときには政権交代をしながら、より日本を良くしていきたいと思ってきました。

選挙直前に希望の党からの出馬となりましたが、それは民進党でも希望の党でも想いは変わっておりません。

選挙情勢では、ますます自民党、公明党で300議席を超える勢いとの報道がありますが、このまま自民党に勝たせてもいいのか、良く考えて頂きたいと思います。
私、吉田よしのりは、この埼玉4区から、日本を、この地域をより良く変えていける想いがあります。

是非とも、私の挑戦に力を貸してください。今まで新座市議会議員、埼玉県議会議員として活動してきた以上に、ひたすら真面目に、真剣に、誠心誠意、一生懸命に活動をして参ります。そして私は、今までも、これからも、決して汚い政治家にはなりません。